鳴子こけし現代アート展 ありがとうございました

 昨日 10月27日をもちまして、第3回 鳴子こけし現代アート展、
終了致しました。
沢山の方々にギャラリーへ足をお運び頂き、ありがとうございました。
一つ一つ、個性のあるこけし達。楽しんで観て頂けた事と思います。043.gif

 では、もったいぶって見せなかったギャラリーの様子を
とときちさんのお写真をお借りして、お伝えしたいと思います。037.gif
(だってね、昨日はね、写真撮れなかったのよ。お客様も、作家さんもいっぱいで)

 ゲイツインギャラリー宇の入り口から。
大きなガラスになっているので、外からもご覧頂けます。
後ろ姿も魅力的なこけしさん達がならんでいますね〜
私、昨日は入り口を通り越して、このガラスに突っ込みそうになりました。012.gif
a0108859_21057.jpg


入り口を入った瞬間から,こけし達が出迎えてくれます。
ここに、とときちさんのこけしが並んでいました。
a0108859_2122697.jpg

じゃ〜〜〜ン!!
a0108859_2165164.jpg

ピカリ〜〜ン072.gifかわいい新幹線こけし。新幹線カラーのスカーフもたなびいています。
窓からは楽しそうなお客様。裾には旅の風景が広がります。
a0108859_215676.jpg
そして、完売しちゃったよ〜の赤いシールが3個016.gif


 次に、入り口から右手、外からみえるスペースへ。
a0108859_2115139.jpg

大きな窓がるので、とても明るいです。
箱に入ったこけしもみえます。表現の仕方は作家それぞれです。
a0108859_212043100.jpg
壁際のこけし達。

 続いて、入り口左。奥のカフェへと続くなが〜〜いスペースへ。
a0108859_21225072.jpg
ちっちゃく私のこけしも見えます。
a0108859_2143104.jpg
a0108859_2128720.jpg
テーブルに置いてあるこけしは、前も後ろも見やすくなっています。

 私のこけし。搬入に行かなかったのに、とときちさんのおかげで、ステキな場所にしていただきました。ありがとう〜001.gifお隣は、とときちさんと繋がっている、松岡香さんのこけし。
らっこが、こけしをだっこしています。ひげもじゃがかわいい〜016.gif
a0108859_21321140.jpg


 今回の私のこけし。
a0108859_21355529.jpg
こけしの彩色の色。黒、赤、緑工芸の仕事で表す事にしました。
銅板(ピカピカの10円玉を思い浮かべてね)を
黒→燻し仕上げ
赤→緋銅
緑→緑青
 眉毛を描くかどうか、最後まで悩みました。
結局辞めました。眉毛だけ描く事になるので、違うよねって事で。

 別のアングルでどうぞ。
a0108859_21375474.jpg
でこっぱちです003.gif

 ギャラリーでは、伝統の鳴子こけしも沢山ならんでいました。
芳名帳コーナー。
a0108859_21385643.jpg

階段したコーナー。
a0108859_21394622.jpg
a0108859_21393317.jpg
主催者である、大野隆さんがはまってしまった!!という、こけしの顔も見えます。016.gif

 また再来年。新たなこけし達に会いにきてくださいね!
[PR]
Commented by とときち at 2013-10-29 21:22 x
お互い、こけしとこんなに熱く向かい合うことになるなんてね(笑)
何が縁でこうなるか…本当に面白いね♪

ねーさんのこけし、たまらなく愛らしいお顔だよ♪♪
そして、白木に彫金で鳴子模様を描くなんて、ぶっ飛び!
アクリル絵の具を使う人が多い中、まるで違うジャンルの貫禄をふりまいてました!

私のこけしも、特殊なカタチ、限られた面積の中に、どれだけ情報を配置できるか頭を使ったし、工夫するのが楽しかったよ♪♪
Commented by de-mano at 2013-10-30 10:47
とときち さま
 ほんとだよね。白木のこけしをアートするなんて!自分には無理!!って思っていたからね。まあ、デザインとしては、伝統こけし柄なので、してないっちゃ、してないんだけどね。

 褒め褒めしあっちゃうようだけど、私には顔の部分が新幹線に見えてくる様なデザインは想像できないよ。しかもカワイイし♪そして、とときちワールドな「くすっ」と笑っちゃうトコロも、いいよね!
乗客達は楽しそうだし、「こけしひかり」なんて、本当にあるんじゃないか!って思ってしまうよ。

 今の所、私はやりきっちゃった感満載だけど、再来年、またやきもきしながら、こけしに向き合えたらいいね!
by de-mano | 2013-10-28 21:41 | 彫金 | Comments(2)

彫金、日々の事、ご飯


by 牛久のねーさん